お盆休みと野球肘講演について

お盆休み中ではありますが、10日から15日は通常受付となります。話は変わりますが7月5日に公益社団法人日本柔道整復師会、第44回北海道学術大会札幌大会で野球肘について北海道大学大学院医学研究科、機能再生医学講座、整形外科学分野の岩崎倫政先生の講演がありました。肘の内側には牽引力、外側には圧迫力がかかり、外側は関節軟骨障害(離断性骨軟骨炎)を起こし重症化する話をしてました。また内側の痛みをそのままにしておくと、内側にかかっていた外力が今度は肘外側にかかり重症化するとお話になっておりました。肘に違和感がありましたらお近くの医療機関または当院に御相談下さい。暑い日が続き足をつる方が増えております。水分と塩分を適度に摂取する事をお勧めします。

 

2015年8月7日